ブログ 一覧

  • 創業融資とは何か、どのような種類があるのか?

    大きくは3種類 「創業融資」は大きく次の3つに分けることができます。 日本政策金融公庫の創業融資 地方公共団体が推進している制度融資 その他金融機関等が行っている創業融資 小さなビジネスを始めるにあたって希望する融資額は1000万円程度が多いので、実態としては日本政策金融公庫の創業融資で融

    続きを読む»

  • 創業計画書をどうまとめるのか?(HOW?)

    自己流でもいいが、明快に 以前のブログに書いた通り、創業計画書は事業計画書と同様に、用途・目的に応じてどこに力点を置くかが変わってきます。1枚の創業計画書ですべての案件に対応できるというものではないので、自己流でまとめてもいいでしょう。 概略を示すと、 事業の内容とその事業を始めるきっかけ 主要

    続きを読む»

  • 創業計画書は誰が作成するのか(Who?)

    自分で作成すれば、ビジネスセンスが身につく? 創業計画書をまとめるのは、ほかでもない、「起業するあなた自身」です。 なぜなら自分自身でまとめると、それが自分のビジネスの検証につながるからです。 少し古いデータですが、2011年の中小企業白書で、企業の生存率は図のようになっています。 10年で約3割の企業が消

    続きを読む»

  • 創業計画書に何をまとめるのか(WHAT?)

    創業時にあなたのビジネスの近い将来を表現することを考える 創業計画書について、何を書くのか、何をまとめるのかということは、大まかに言って、あなたのビジネスの近い将来を表現することであると覚えておいてください。 創業融資を受けるための創業計画書は、なぜその事業を始めるのか、という動機やきっかけ、経緯、事業に

    続きを読む»

  • 「知らないと損をする創業融資制度」セミナー参加者の声 10/10

    2018年10月10日に開催されました「知らないと損をする創業融資制度」セミナーにて、参加された方より受講された感想を頂きましたのでご紹介させていただきます。   ・なんとなくしかわかっていなかったことについて、事例紹介などもあり、わかりやすく理解できた。 ・わからないところは細かく質問させ

    続きを読む»

  • 一日公庫開催

    一日公庫とは・・・日本政策金融公庫の担当者とコーディネーターである税理士がお客様の融資についてご相談をお受けします。一日公庫を活用することで、経営者と公庫の双方が安心して融資計画を進めることができます。 このチャンスを是非ともご活用下さい。 完全予約制で先着4名様限定。費用は完全無料ですので安心してご利用い

    続きを読む»

  • 遺族基礎年金がない場合 受給できる寡婦年金・死亡一時金(2-3)

    遺族年金は、遺族基礎年金と遺族厚生年金に分かれます。 その受給にあたっては細かな受給要件があるため、要件を満たすことができず受給できないケースも出てきます。 寡婦年金 ・死亡一時金は、そうした人の救済措置と考えていいでしょう。   10年以上、連れ添った妻が受給できる寡婦年金  

    続きを読む»

  • 役所・年金事務所で行う年金受給停止手続きおよび未支給分の請求(2-2)

    年金を受給している身近な人が亡くなった時、年金受給停止手続きをすることが大切です。 受給停止の手続きをとらなければ、年金の不正受給ということになります。 その場合身近な人が亡くなって以後に受給した年金の返還を請求され、返還は一括が原則です。 また年金は2か月に1回受給者の口座に振り込まれるため、年金受給者が他界し

    続きを読む»

カテゴリ別

お気軽にお問い合わせください

サービス案内

創業支援
資金調達支援
経営会議コンサル
企業防衛
相続対策・相続税申告

セミナー情報

創業経営者必見、『それぞれの事業に合った』創業融資を『少しでも有利に進める』方法を出し惜しみする…

more