財務顧問支援

はじめに(当事務所の創業支援サービスに対する考え方について)

  • 一般的な税理士事務所では、税務顧問+決算・法人税申告+記帳代行が中心のサポートであり、"過去の結果に対する処理・報告" に関する機能を税理士事務所が保有します。
  • ただ、創業期に多くの社長・オーナーが身近な専門家(税理士事務所)へ期待することは、"未来に対する判断・準備" に関する機能だと感じています。そして、これからの事業・経営を維持・成長させるためには、未来に目を向けた「財務的なサポート」が必要です。
  • しかしながら、一般的な税理士事務所との顧問契約(税務顧問)には、「財務的なサポート」は契約内容に含まれていません。
  • そこで、創業期から事業・会社を維持し続けて、成長させていくためには、「財務的なサポート」に特化した“財務顧問”も必要だと私たちは考えます。

「財務顧問支援」について

創業支援サービスにおいて、一般的な事務所と当事務所の明確な違い!

一般的な税理士事務所
税務的なサポート(税務顧問)
不要な訪問面談及び資料提供
会計データ入力(記帳代行)
決算・法人税申告
石黒健太税理士事務所
「資金繰りの予測」「資金繰りの対策」
「節税対策の提案」「金融機関の紹介」
等財務的なサポート(財務顧問)
税務的なサポート(税務顧問)
会計データ入力(記帳代行)
決算・法人税申告

創業期に大切な資金(財務)に特化したサポートが可能!

「財務顧問支援」を活用するメリット

  • 早期(決算前)に売上・利益の予測ができる。
  • 近未来の予測をすることができ、事業の良し悪しを判断できる。
  • 直近の税金・経費の支払いについて、把握ができる。
  • 資金繰りの予測をすることができる。また、資金繰り悪化を防ぐための対策ができる。
  • 計画的な節税対策ができる。
    ※単なる支払う税金を押さえるための "無駄遣い" は、資金繰り悪化を招きます。
  • 良い決算内容にするために、何をするべきかがわかる。
  • 決算書が読めるようになり、より経営のことがわかる。
  • 好条件な融資(創業融資)の実行確率が高まる。
    ※「財務顧問支援」をご利用いただくと、当事務所経由で銀行へ融資を申し込めます。

「財務顧問支援」と「税務顧問サポート」の違い

「財務顧問支援」は、これからの事業・会社に活きるサポートを充実!

財務顧問支援(未来に対する判断・準備)
処理 試算表の確認
「資金繰り表(損益計画表)」の作成
取引先別の「前年同月比較表」の作成
面接 近況についてヒアリングの実施
資金繰りの予測直近の当期資金繰り予測
当月~1年先の資金繰り予測
当期の納税予測
資金繰りの対策売上・原価の改善提案
支払い・回収サイトの見直し提案
取引先別の見直し提案
経費削減の提案
融資必要有無の提案
返済リスケジュールの提案
節税対策の提案役員報酬・賞与の最適シミュレーション
従業員の給与に関する提案
保険の相談及び見直しの提案
少額減価償却資産の確認
倒産防止共済の前払い提案
その他 金融機関の紹介(事務所経由の融資申込)
最新融資制度の案内
金融機関主催の合同企業商談会(ビジネスマッチング)の招待
金融機関主催のイベント・セミナー・研修の招待
保険代理店の紹介
税務顧問サポート(結果に対する処理)
処理 会計データの入力指導
会計データのチェック
「試算表」の作成
「前年同月比較表」の作成
「損益推移表(月別)」の作成
税金の計算(試算)
会計処理の確認
「試算表」の説明
税金の予測
その他 税務署に関する書類作成の代行
市・県に関する変更届の代行
他士業の紹介
事務所通信の提供

各サポート費用目安

石黒健太税理士事務所 一般的な税理士事務所
税務顧問サポート 1万円/月 3.5~4万円/月※面談無し等の低価格プランは除く
財務顧問支援 2万円/月 提供無し
記帳代行サポート※必要な方のみ 1万円/月※月間~100仕訳程度
決算・法人税申告サポート 12万円/年
年間の費用負担合計 48~60万円 54~72万円

「財務顧問支援」を含んでも、費用負担の差は無い!

お問い合わせはこちらから