カテゴリ:創業計画書の作り方

  • 2018.11.02創業計画書の修正は“実態”の見直しから

    創業計画書の修正は“実態”の見直しから 数字合わせに走らない ある程度出来上がった創業計画書を修正する場合、ややもすると「必要な資金の調達方法」の欄や「取引先・取引関係等」「事業の見通し」の欄などの“数字合わせ”に終始してしまう人がいます。 しかし、それでは不十分。 つぎはぎだらけの創業計画書になってしまいます

    続きを読む»

  • 2018.11.01創業融資が難しい案件でもリカバリー策はある-2

    創業融資が難しい案件でもリカバリー策はある-2 「表面上の不一致」や「論理の飛躍」も要注意 もちろん、創業計画書の「必要な資金と調達方法」欄の左右の合計額が一致しているかどうかも重要です。 一致していない場合は計算違いか、計算根拠の判断ミスか、いずれにせよ「資金繰りの詰めが甘い」と判断されます。 また「経営

    続きを読む»

  • 2018.11.01創業融資が難しい案件でもリカバリー策はある-1

    創業融資が難しい案件でもリカバリー策はある ストーリーのつじつまが合わないと、融資担当者も自信が持てない! 創業計画書は日本政策金融公庫の書式のほかにも、各自治体が用意しているものもあります。 「これでなければならない」と、法で定められたものではありません。 ただ、創業融資を受けるという目的に照らせば、日本政策

    続きを読む»

  • 2018.11.01創業時は許認可についてもしっかり確認する

    創業時は許認可についてもしっかり確認する 手間はかかるが、欠かせない手続き 食を扱う場合の衛生面や医療機器・医薬品の分野などの技術的な観点から、許認可手続きが必要な事業もたくさんあります。 また、技師・士業のジャンルなど、事業を行う会社そのものではなくとも、その業務に従事する個人に必要な資格もあります。 創

    続きを読む»

  • 2018.11.01創業計画書とともに重要な「借入申込書」の記載方法

    創業計画書とともに重要な「借入申込書」の記載方法 創業計画書の記載と齟齬がないように 創業計画書に添付する書類として、日本政策金融公庫では「借入申込書」を求めています。 そのフォーマット(記入例)は下記を参照してください。 日本政策金融公庫 借入申込書 例 特段難しい内容ではなく、指定された項目を記入

    続きを読む»

  • 2018.11.01創業計画書でプラスに働く資料とは

    創業計画書でプラスに働く資料とは お金持ちの親族がいるなら、その通帳の原本が審査に利く! 資金調達の方法として、自己資金や創業融資のほかに、親、兄弟、知人、友人等からの借入でまかなうケースも多いでしょう。 場合によっては出資してもらうという考え方もあります。 そのような場合は、資金の出所を証明しておくことをお勧

    続きを読む»

  • 2018.10.31創業計画書がより活きる!各種参考資料の集め方

    創業計画書がより活きる!各種参考資料の集め方 添付資料で創業者の「意欲の根拠」が見えてくる 日本政策金融公庫の創業計画書の右隅に「ほかに参考となる資料がございましたら、計画書に添えてご提出ください」とあります。 ここも要注意ポイントです。 添付できる資料が全くないのであれば、創業計画書の「根拠の妥当性」を示

    続きを読む»

  • 2018.10.31創業前に損益計算書をつくって返済計画を立ててみよう

    創業前に損益計算書をつくって返済計画を立ててみよう 返済の財源はどこにある? 創業融資を受けるにあたっては、その返済についてメドを立てておかないといけません。 返済の財源は、左図の損益計算書を見ると、「当期純利益に、減価償却費(販管費に計上される)の額を加えた合計額」です。 この科目以外のお金を返済の財源に充て

    続きを読む»

  • 2018.10.31創業計画書は数字の根拠で筋が通っているか

    創業計画書は数字の根拠で筋が通っているか 担当者は筋が通っているかチェックしている 融資担当者は、この部分の記述についても、筋が通っているかどうかを見ます。 たとえば、最初は自宅を事務所として始めた場合でも、軌道に乗った際には事務所を構えるつもりなら、それを「事業の見通し」に示し、「家賃」欄に計上します。 なお

    続きを読む»

  • 2018.10.29創業において「事業の見通し」は根拠を計算式で示す

    創業において「事業の見通し」は根拠を計算式で示す 半年くらいで「軌道に乗る」メドを立てる 「事業の見通し」については「創業当初」と「軌道に乗ったあと」の二つに分けて記入します。 その「軌道に乗ったあと」の欄の「日付」は自分自身で記入する形になっています。 これが少々“クセもの”です。 通常は当月や翌日にす

    続きを読む»