創業時に使える8つの資金調達方法

2017.10.11

創業時に使える8つの資金調達方法

全ての会社がすべての方法を使えるわけではありませんが資金調達には細かく30種類ほどの方法があります。

ここでは、その方法のうち創業時に使える8つ方法を解説します。

 

まずは大分類。資金調達方法の3分類

資金調達は大きくわけて次の3つにわかれます。

 

①資産を売却し資金に変える  = アセット・ファイナンス
②誰かから資金を借りる    = デッド・ファイナンス
③会社に投資をしてもらう   = エクイティ・ファイナンス

 

みなさんが資金調達と聞いてイメージするのは②の銀行借入だと思います。

しかし、実際には様々な方法をとることが可能になります。

今回はこれらの資金調達のうち創業時に使えるものをピックアップして解説していきます。

 

(資産を売却し資金に変える = アセット・ファイナンス)

①売掛債権を売る(ファクタリング)・・売掛債権(クライアントへ商品やサービスを提供して、その代金が支払われる権利)を決済前に売却し即日現金化します。これにより本来回収期間中に必要となる資金を調達することができます。デメリットとしては手数料が発生することです。

②自己資産(車・不動産)を売却する・・ご自身が所有している不動産等を処分し開業資金にあてる方法です。売却益が出る場合には譲渡所得税がかかるので、税金を払った 残高が開業資金になります。思わぬ出費にならないよう事前に確認しておきましょう。

 

(誰かからお金を借りる = デッド・ファイナンス)

③融資を受ける
この場合の相手方としては次のパターンが考えられます。

●親、友人、得意先・・後でもめないよう契約書の作成をお勧めします。

 

●金融機関(銀行・信用金庫・信用組合等)の保証協会付き融資制度・・金融機関の融資に対して信用保証協会が保証する形を取ります。金融機関は貸し倒れリスクが回避できるので信用力が低い創業者に対しても融資ができるようになります。

 

●銀行独自がリスクをとるプロパー融資・・銀行自身が創業者の信用や将来性を評価し、貸し倒れなどのリスクを負う融資を行う事をプロパー融資といいます。ある程度の取引実績や担保等がないと利用は難しいです。

 

●地方公共団体の制度融資・・都道府県や市区町村が設けている制度融資のこと。取扱金融機関の融資を保証する形で行います。公的融資は銀行融資よりも金利が低金利というメリットですが、一つの支店で受け持つ企業数が多い為、1社1社個別の対応、親身な対応は期待できません。

 

●日本政策金融公庫の創業融資制度・経営力強化資金・・一番お勧めする融資の制度です。詳しくは「日本政策金融公庫の創業時の融資制度」を後日アップします。日本政策金融公庫は国の政策により創業起業を後押しする融資制度を行っています。その代表的な商品が新創業融資制度と経営力強化資金です。無担保・無保証・自己資金要件無しという、とてもありがたい条件で借りることができ、女性or若者orシニア起業の場合には金利も低くなります。ぜひご活用ください。

 

④代金の回収を前払いにする・・着手から納品・決済までの期間が長い業種には有効資金調達方法です。手付金や中間金として代金の一部を事前に回収したり、そもそもの代金決済を前払に統一することで資金的に余裕のある経営が可能になります。

 

⑤事業用のクレジットカードを作る・・経費や仕入代金の決済をクレジットで行うことにより、支払期日を1月ほど遅らせることが可能になります。そのため、実質的に1月分の経費に相当する資金を0%で借り入れたことと同様の効果になります。

 

(会社に投資をしてもらって資金調達をする=エクイティ・ファイナンス)

 

⑥出資を受ける・・出資者としては下記のようなものが考えられます。

 

●ベンチャーキャピタル(VXC):ベンチャーキャピタルというのは、ベンチャー企業に出資をして、そのベンチャー企業が上場することで出資資金を改修し、利益を上げる投資専門会社のことです。

 

●エンジェル:エンジェルというのは個人投資家のことです。欧米では盛んに富裕層がエンジェルとして有望なベンチャー企業に投資をしています。日本でも、徐々にですがエンジェルによる出資というのも伸びてきています。

 

●中小企業ファンド:中小企業ファンドというのは、ベンチャーキャピタルが設立する投資事業有限責任組合のことを言います。投資会社は目的に合わせたファンドを組成し、投資家から投資を募るのです。投資ファンドは集めた資金を参加するベンチャー企業などに出資するのです。

 

⑦クラウドファンディング:企業自らがファンドを組成し、直接個人投資家から出資を募る仕組みとなっています。新しい取り組みですが、インターネット上で簡単に不特定多数から出資を受けられるので中小企業のエクイティ・ファイナンスの革命的な方法になるポテンシャルがあります。

 

 

(その他)

⑧補助金・助成金の活用:国や地方公共団体が色々な補助金・助成金を公募しています。

創業期に使えるものも多くあるので、これらを活用することにより。資金的に厳しい創業期の経営をより有利に進めることが可能になります。

 

(詳しくは「創業者が使える補助金・助成金」を後日アップするので確認ください)

 

以上、創業時に使える8つの資金調達方法でした。

資金調達でお困りの方は一度、弊社の融資コンサルタントにご相談ください

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_m

 

 

クラウド会計、資金調達に関するお悩みなら

  • クラウド会計の導入について悩んでいる
  • 事業の資金繰りを改善したい
  • 相談しやすい税理士を探している
  • 税理士を変更すべきか悩んでいる

上記のようなお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

カテゴリ

カテゴリ選択

お気軽にお問い合わせください

サービス案内

創業支援
資金調達支援
経営会議コンサル
企業防衛
相続対策・相続税申告
財務顧問支援

セミナー情報

創業経営者必見、『それぞれの事業に合った』創業融資を『少しでも有利に進める』方法を出し惜し…

more